急速にIT化が進む医療フィールド

現在、医療フィールドではIT化、オープン化が急速に進もうとしています。
中でも大きな注目を集めているのが、電子カルテシステムです。

これは、今まで担当医師が手書きで作成していたカルテをデジタル入力することで電子化し、ネットワークを通して共有化を図ろうとするもの。

この電子カルテシステムによって、各医療機関は院内業務の大幅な効率化を実現するとともに、医療情報開示という流れに対応することができます。
また、今後、地域における病院、診療所間の連携の際にも基本ツールとして位置づけられており、将来的な医療の標準化や質の向上に貢献すると期待されています。

医療情報システム例